おりこう猫

喧嘩したり遊んだり。しかしほぼ眠り猫。時々旅行。

スポンサーサイト

-
ちーさん
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高雄④ 南廻線(普快車)で台東へ

0 Comments
ちーさん
もう4日目。

4日目朝食

今日は普快車で枋寮から台東まで行く予定です。
電車で往復6時間くらい。
座っていられるだろうから身体は楽かな。
昨夜しくしく痛かった胃がまだ痛む気がする。

ホテル裏路地

朝食後、ホテルの裏路地を歩いてみました。
写真で見るより道幅は狭くいい雰囲気の路地裏です。
お洒落なパスタ屋さんもありました。

ホテル裏廃墟a

ホテル裏廃墟b

お寺がありました。
泊まっているエアラインイン高雄の隣に建っています。
廃墟とお寺の静かな佇まいをしばらく眺めた。
廃墟がこのまま残ってくれたらいいな。

高雄駅前

工事中の高雄駅前。
この次ここに来る時はどんな風に変わっているんだろう。

ぼうりょう行電車a

ぼうりょう行電車b

9時7分発の枋寮行きの区間車です。
とても空いている。

ぼうりょう駅a

3年振りの枋寮駅。
ひとけのない駅の印象だったけど今日は人でいっぱいです。
駅も綺麗になっていました。

ぼうりょう駅b

このまま真っすぐ歩いて牡蠣オムレツを食べに行きたい気持ちになる。

ぼうりょう駅構内a

前は無かった蓮霧の椅子。
微妙な古めかしさが素敵で可愛い。
蓮霧は枋寮の特産品だったのか。

ぼうりょう駅構内b

皆さん何処に行くのかな。

ぼうりょう駅改札

駅員マスコットの顔色心配…

ぼうりょう駅ホーム

10時55分発の台東行の普快車に乗ります。
普快車は台湾の列車種別の中でレベルが一番低いそうだ。
客車に冷房はありません。

宮脇俊三

少し前に宮脇俊三の電子書籍「台湾鉄路千公里」を買ってみた。
1980年当時の台湾の鉄道乗り潰し紀行です。
まだ南廻線は無かった。
そして台湾にまだ鉄道マニアはいなかったのか
氏が謎な存在として扱われていて愉快だった。
台湾の街の描写も怪しくて面白い。
正式に南廻線が開業したのは1992年になります。

1988年インドネシア旅行をした際、
戒厳令の解除後1年経った台湾で
ストップオーバーしたことがあった。
偶然今はもうない中華商場を
歩いたのは楽しかった。
あの時、台北の夜は暗かったな。
これから乗る南廻線も電化完了すれば
景色が変わるし普快車は廃止になるのかもしれない。

普快車a

電化工事が進むにつれ団体客で
普快車が混雑する日もあるらしい。
せっかくだから海側の座席に座りたい。
平日なら大丈夫かもと乗り込んでみた。

普快車b

賑やかな女子グループ。
すごく楽しそう。

普快車c

団体客がいないパターンの日でラッキーでした。

普快車d 普快車e

壊れて回らない扇風機と今回座った座席番号。

普快車f 普快車g

このトイレは紙を流しても大丈夫。

普快車h 普快車i

最後尾の扉。

海

南シナ海が見えた。

海沿いを南下するほどに天気が悪くなる。
非冷房だけど暑くないのは良いこと。

トンネル多し。
その度に真っ暗になって迫力の
キキキィッという走行音。
ほぼ皆さんが耳を塞いでいた。

駅弁a

そしてお弁当タイム。
高雄駅のどう見ても仮店舗の売店で
買った素食駅弁です。
80元。

真ん中の大きいのは豆で作った魚フライもどき。
お米がモチモチして美味しい。

いつの間にか痛かった胃が治っていた。

電車停車中 駅工事中  

ホーム解体中の大武駅。

ディーゼル車a ディーゼル車b

枋寮から約2時間半かけて台東駅に到着。
ディーゼル機関車が切り離されます。

台東正面

駅前がガランとしている台東駅。

台東駅

小雨。
街中まで行く路線バス乗り場は駅の外れにあった。

台東新駅

20分程して街中のバスターミナルに到着しました。

台東旧駅の駅名標。
素敵です。

台東バスターミナル

バスターミナル。
以前、この場所が台東駅でした。
右側にアート作品。

台東駅前a 台東駅前b

駅周辺は台東鉄道芸術村らしいのだけど
平日だからか人が全くいない。
関連のお店らしい建物も閉まっていた。
目にした作品は数点。少なすぎるなあ。
他はどこかにある?
電車に乗るのが目的で台東についての
下調べをしていなかったから仕方がない。

台東駅前c 台東駅前d

ここは週末に来たほうが楽しいのかも。
また来て1泊するのもいいかもしれない。

帰りのバス

バス乗り場でバス待ち。
キーボードを背負った
日本のストリートミュージシャンと話す。
「台東はミュージシャンが集まる場所らしい」
と言っていた。情報が本当じゃなくても
気にしなさそうな様子。
それにしてもこの駅前の静けさ。
まだ台湾にいるのだろうか。
素晴らしいな。

台東駅構内a 台東駅構内b

台東駅に戻って駅のスタンプを収集する。
改札付近に人が並び始めた。
駅弁を買う人の行列でした。

駅弁b

駅弁購入。
煮たまごと漬物が美味しい。
60元。

台東駅構内c  台東駅ホーム

滞在時間3時間30分くらい。

台中行

台東から高雄までは自強号で2時間34分。

雲呑面

夜ご飯は自強夜市近くの名家手工潮州餛飩面
あっさりしているのにお肉がみっちり入っています。

最後の豆花

最後の夜のデザートは六合夜市の花生豆花。
食べていたらタピオカをおまけしてくれた。
弾力があってすごく美味しかった。

明日の朝は4時30分に起きます。

高雄帰り空港

5日目。

4泊5日だけど最後の1日は移動するだけの日。
朝ごはんをゆっくり食べてから帰りたいな。

土産のパン

日本に帰ってから台湾のコンビニで買ったパンを食べました。
羅宋パンは次回パン屋で買いたい。
スポンサーサイト

高雄③ 果貿社區と衛武迷迷村

0 Comments
ちーさん
3日目です。

三日目朝食

朝食を食べに行くと昨日の朝食スタッフが
スッと来て「納豆食べますか?」
今朝は蓋を開けた納豆パックを片手に聞いて回っていた。

昨日に比べて食事の種類が多くて
いろどり鮮やかでした。
さて今日は果貿社區に出かけます。

ホテル前バス乗り場a

泊まっているホテル目の前の信号を渡るとバス停があります。

ホテル前バス乗り場b

205番バスを待つ。

軍人団地a

バスに乗り15分くらいで
果貿社區に到着しました。
果貿社區は13棟からなる
外省人専用の住宅です。
完成したのは1970年代とか
1985年とか書いてあって不明。

軍人団地b

軍人団地c

中でも向かい合った半円状の団地が有名です。
わたしのカメラではうまく撮れない。

軍人団地d

団地の1階部分は店舗になっていました。
朝食屋の長い行列につられて
一緒に並びたくなったけれどこの後
岡山で昼食の予定があるから我慢。

団地のベランダの柵のデザインが色々で面白い。
空き室かな?って思えるのもあったりする。
鳩や雀がやたらに出たり入ったりしている
部屋があってしばらく眺めていました。

軍人団地e

円筒状に建てられている団地の中心に
小さな公園があるのだけど
人はあまりいない。

軍人団地f

静かな日曜日の公園。

軍人団地g

半円状の団地を外側から眺めてみた。

軍人団地h

団地内の朝市では
あらゆるものが売られていました。
写真左は糸で顔のうぶ毛を取っているところ。
つるつるになったかな。

軍人団地i

ベタを売っていました。
ベタ専門店です。
写真を撮ることを了承してもらえて
嬉しかった☆
涼やかで優雅で妖しくて好き。
バトパハの朝市でも売られていたのを思い出す。

岡山駅a 岡山駅b

岡山駅c

岡山駅d

バス、電車と乗り継いで
12時1分に岡山駅に到着。
昼ご飯は山羊肉です。

山羊肉a

駅から歩いて20分くらい。
暑くてなかなか辛い。
旅行が夏じゃなくてよかった。
着きました源坐羊肉

山羊肉b

お店に着いたときは順番待ちのお客さんが店入り口にあふれていました。
家族連れが多かったかな。
わたし達もベンチに座って待機。
言葉の通じないわたし達以外はここでオーダーを済ませます。

山羊肉c

10分くらい待って入店。
店内は明るくて広いです。
ほぼ皆さん鍋を食べていた。

山羊料理a

白片羊肉 小200元

以前、山羊の串焼きをソロで食べて
あまりの獣臭に悶えた事があったから
こわごわ口に入れたのだけど全く問題なかった。
添えてある生姜は匂いを和らげるものだと
思うけど必要ないくらい。
茹でた山羊肉は脂身が全く無くむしろパサッとしていました。
美味しい!

山羊料理b

沙茶羊肉炒飯 小100元

炒青菜 小70元

炒飯の見た目がベショッとしてるのが
気になったけど野菜の水気のせいなんだろうか。
青菜はシャキシャキ、炒飯の味付けも
濃くないのでバクバク食べてしまう。
ベショついてたのは無問題でした。

隣に男女二人が着席して2分くらいで
数品の料理が揃ったのには
感心してしまった。
店の外でオーダーを済ませているから
時間の無駄が無いのだな。

山羊料理c

檸檬香茅羊助排 380元

レモン風味で甘辛い味。
調理過程で油が落ちるのか脂身にやられることなく
美味しく食べられました。

山羊料理d

全部で750元。
美味しくて安い。
わざわざ岡山に行く価値はあると思った。
また食べたい。

USB端子b

USB端子a

帰り道、駅まで行くバスの乗り場に気が付いた。
乗ったバスは古めかしい感じだったけど
USB端子付きでした。

団地アートa

次はMRI衛武榮駅の5番出口から
歩いて5分くらいにある団地アート
衛武迷迷村を見に行きます。

団地アートb

団地アートc

一番最初に目にした団地アート。
この作品が一番有名なのかも知れない。
でもこれは団地ではないのです。

団地アートd

鮮やか。
青空にしっくりきます。

団地アートe

団地アートf

団地アートg

お魚団地アート

ここからはお魚アートが続きます。

お魚団地アートa

写真じゃ伝わらないですが素敵なんです。

お魚団地アートb

団地の壁をゆるやかに泳ぐ。

お魚団地アートc

ヒレが良いのです。

お魚団地アートd

お魚団地は統一性の無い壁の色だけど
横並びに建っています。

お魚団地アートe

こちらの壁は賑やか。

不規則な出窓

よく見るとベランダ(出窓?)の柵のデザインがバラバラで面白い。
ベランダの奥行きは各戸で勝手に作っているのかな。
共有スペースのルールは有るのか無いのか。

団地鹿

団地公園

団地の中の小さな公園。
写真右にタツノオトシゴの乗り物。

団地室外機

ちょっと笑えて楽しい。

団地鶏

黄色い団地 青い団地

カラフル団地 ベージュ団地

他に絵はないかとウロウロする。
どこに絵があるのかわからないのを
探すのは楽しいんだけれどとにかく暑いんです。

家に帰ってからどこに何があるかがわかった。
高雄苓雅區街頭藝術彩繪

団地群a

写真を撮りに来ている人は意外に少ない。

団地群b

団地に住んでいる人たちの生活圏に
踏み込んでいる気がして
入るのに躊躇する。
みんながウエルカムとは限らない。

団地群c

ここもカラフルな団地になっていくのかな。

粗大ごみ

粗大ごみなのにアートに見えてきた。

団地豆花a

ひととおり団地アートを見終えて休憩!
団地アート1階の名前のないお店です。

団地豆花b

黒糖が美味しかった。
かき氷の中から長い
お米の麺ぽいものが出てきて楽しい。

ライトレールa

ライトレールで再び棧貳庫KW2の
メーリーゴーランドを見に行くことにする。
明るいうちに写真を撮ってみたかった。

ライトレール哈瑪星駅に着きました。
乗るのは今日が初めてです。

ライトレールb

ライトレールに乗っていたら軟体園区駅で
カルフールを目にしたので降りてしまう。

猫や

カルフールに行く途中、
IKEAで発見した「猫屋」
可愛すぎたので写真に収めた。
日本でも売っているのでしょうか。

カルフールの入っているビル1階でキャタピラーの
ワークブーツを発見。
日本では通販のみの取り扱いで
買おうにもサイズに不安があるから買えなかった。
次回、処分していい靴を履いてきて
買ったブーツで帰りたいらしい。

カルフールでは太陽餅とリプトンのミルクティーを買いました。

バインミー

やれやれ疲れた。
少し休憩して吉林夜市へ。
バインミー屋台があったので買ってみた。

蒸し餃子

吉林蒸餃鮮肉蒸餃 50元
フラッと入ったお店だったけどすごく美味しかった。

かき氷a

かき氷b

デザートは許香香老牌八寶冰
コンデンスミルク好き。

揚げ物屋台a

揚げ物屋台b

お持ち帰りの塩酥鶏
椎茸、いんげん、米血糕など。
ホテルに戻って食べていたら胃が痛くなってきた。

明日は普快車で枋寮から台東まで行くのだ。
少し心配。
おやすみない。

高雄② 仏光山

2 Comments
ちーさん
二日目。
ホテルの朝ごはん。

二日目朝ごはん

7時くらいだとまだ人も少なくて静か。
日本語があちこちから聞こえてきます。
「納豆食べますか?」
朝食のスタッフが日本人全員に聞いて回っていた。
食べ終えたら、仏光山に行きますよ。

二日目左栄駅a

今回の旅行、墾丁日帰りと仏光山を
天秤にかけてこちらに決めた。
せっかく墾丁に行くのに夜市も行かないで日帰りなのはもったいない。
墾丁へは次回、1泊したい。
仏光山。
山を切り崩し造られた仏教寺院と博物館を
じっくり見たいと思っていました。
仏光山はなんと入場無料です。

MRI左營駅で降り、バスターミナル2番乗り場で
仏光山行きバスを待ちます。
乗り場の並びに墾丁行のバスも来るので
墾丁に行く若者でバス乗り場が混み合っていました。
MRI出入口にある開店前の珈琲パンのお店から
いい香りがしてたまらない。
帰りに買おうと思う。

仏陀記念館
HPに載っているバスの時刻表が役立ちました。

仏光山a 仏光山b

仏光山c 仏光山d

仏陀記念館に到着しました。
とても大きい象と獅子。
白象と一緒に記念写真を撮られる方多し。
そして獅子の人気は今ひとつ。
どうしたものか、、
館内に入ると飲食店、服飾雑貨などが
ズラリと並んでいました。

仏光山

飲食店の建物を抜けると仏光大佛がいらっしゃる。
どーーんと大きいのに大きさが伝わらない。

仏光山f

人が映っているほうが大佛の大きさが伝わるのだろうか。

仏光山g

ピラミッド風な建造物と合体してさらに素敵に見えた。

仏光山h

仏光山i

本館に入ってすぐに目に映るのが元々ある木の形を生かした仏様群像。
圧倒されるというか、
何やら迫ってくるものがあります。
集団で祈っているからでしょうか。

仏光山k

仏陀記念館の大佛のいる建物から歩いてきた通りを見下ろしてみた。
美しい眺め。

仏光山ご飯

飲食店などが入っていた建物、禮敬大廰に戻り
2階にある素食ビュッフェで昼ご飯を済ませます。
薄味だけど油もしっかり使っているから
素食だから大丈夫♪
なんて食べてると太りそうです。
そういえばビュッフェに茶葉蛋がありました。
素食ってもしかしたら
牛乳やチーズもOKなんだろうか?
ベジタリアンでもいろんな考えがあるのだな。

スープが美味しかった。
椎茸と昆布と生姜のだし。
他にも何か入っているのかな。
素食ビュッフェは120元でした。

仏光山l

仏陀記念館をざっくり見た後はワゴン車に乗って仏光山寺へ。

仏光山m

金ぴかの仏様がずらっと並んでいました。

仏光山n

坂をのぼりきると此処にもずらりと。

仏光山o

そして振り返ると大きな仏様がいらっしゃった。

仏光山バス切符,

仏光山寺の施設は広く、結構な坂道を
のぼりながらの見学になるので
ワゴン車に乗らないと厳しいです。
施設内に数か所のチケット売り場がありました。
20元で1日乗り放題。
仏光山寺から仏陀記念館への移動にも利用できます。

仏光山バスa 仏光山バスb

左の写真はワゴン車乗り場。
お年寄りや身体の不自由な方専用のワゴン車もあります。
乗ってみたかった電動車は見当たらず、
お年寄りの方と一緒にワゴン車で移動しました。

もっと見たいけど疲れてしまった。
右の写真は仏陀記念館にあるバス乗り場。
左營駅に戻ります。

珈琲パン

左營駅に着いてすぐに珈琲パンを買ってかじったら
冷えていて香りがあまりない。
出来立てならばなあ。

マンゴーa

MRI巨蛋駅にある芒果好忙です。
マンゴーあるかな?
10月だけど。

マンゴーb

マンゴーは数量限定で今日の分は終了していました。
替わりのマンゴージュースとミルクのふわふわ氷。
氷の上にマンゴーアイスを乗っけて楽しみました。

食べたいものより行きたい場所を優先すると
限定ものは味わえないのです。

メロンパンa

巨蛋駅の漢神巨蛋で会社へのお土産を買う。
漢神巨蛋はとにかく混んでいました。
ぎっちり人を乗せたエスカレーター。
地階の飲食店も土産物屋もざわざわして落ち着きません。
高雄、景気良い?

呷百二でお土産を買ってから
食べてみたかったメロンパンを頼んでみました。
頼むとオーブンで温めてくれます。

メロンパンb

あったかいメロンパンに挟まれた
冷たいバター。。。

ビヨーンと伸びる熱々チーズを挟んだメロンパンを
頼みたかったのに間違えていました。
これはこれで美味しかった。

オーギョーチーa

オーギョーチーb

南華観光購物街から脇の通りに入ってすぐの
瑞暘行烏魚子專賣店でからすみを買う。
売る気があまりないのですか?と
思っていると会計後におまけをくれたりする不思議な店。
帰り道、清涼愛玉冰で愛玉冰を食べました。

蘭州拉麵a

蘭州拉麵b

ホテルに戻り1時間くらい休憩。
夜ご飯は今夜食べに行きたい店リストの中で
駅から店が1番近い蘭州現拉麵店に決めました。
店に行く途中、適用な美容院があったら
カット、シャンプーしてもらおうかとキョロキョロ。
時間が遅いせいかなかなか見つからない。
やっと見つけた美容室で1時間過ごす。

蘭州現拉麵店に着いたのは閉店5分前くらい。
間に合ってよかった。
雪紅辣雞麵、美味しかったです。

杏仁スイーツa

杏仁スイーツb

MRI中央公園駅に戻る途中、
杏仁スイーツ那個年代杏仁豆腐氷
杏仁綜合牛奶冰を食べました。
お芋と豆でおなかいっぱい。
幸せです。

明日は果貿社區に行きます。
団地アートも。
楽しみです。


高雄① エアライン イン・高雄ステーション

0 Comments
ちーさん
10月19(金)~23(火)高雄、4泊5日の忘備録です。

2018高雄飛行機

初タイガーエアでした。
LCCだけど第2ターミナル利用です。
簡素な第3ターミナルもいいけど、
ショップの多い第2は時間をつぶすのに丁度いい。
成田を11:35 高雄14:45

2018高雄駅a 2018高雄駅b

2018高雄駅c 2018高雄駅d

入国審査、両替、sim購入もスムーズに終わって地下鉄乗り場へ。
15分程でハロウィン仕様のMRT高雄駅に到着です。

2018新駅a

新しい高雄駅。美しいです。
写真を撮る人たち多数。

2018新駅b

この場所、美しいというより奇妙寄りな印象で素敵でした。
細胞をモチーフにしたみたいと思っていたけど、どうやら雲の形をイメージしたらしい。

2018ホテル外観a

今夜から4泊するエアライン イン・高雄ステーション。
駅前は絶賛工事中。
高雄駅は2023年に完成する予定。

2018ホテル外観b

夜のエアライン イン・高雄ステーション。
煌びやかです。

2018ホテルロビーa

ホテルに入るとすぐにソファ。

2018ホテルロビーb

たくさんのスツールとゆったりした座り心地のソファたち。

2018ホテルロビーc

ソファ群のそばに飲み物コーナー。
いつでも飲み物が飲めるようでした。

2018ホテル廊下

年初めに1泊6,022円で窓なしの部屋を予約しましたが
チェックイン時に「窓があるのになりました」
ですって。嬉しい。

2018ホテル部屋室内a 2018ホテル室内b

2018ホテル室内c 2018ホテル室内d

2018ホテル室内e 2018ホテル室内f

洗面所にセーフティーボックスと洋服掛けスペースがありました。
ハンガーが取り外せるのは便利。
トイレはウォシュレット付き。
枕はけっこう硬め。

2018ほてる室内g,

シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプー付き。
シャワーは少し水圧が弱かった。

2018ホテル室内h

窓からの眺めです。
わぁ、高雄駅が見える。
工事中の写真だから貴重だな。
窓のある部屋に替えてもらえて良かった。
さ、おなかも減ったしチェックしていた原郷牛肉拉麺に行こう。

2018小籠包a

2018小籠包b

口中で原郷牛肉拉麺をイメージしていたのにお店はお休みでした。
ついてない。
うーん。
じゃあ永和小籠湯包に行こう。
初めての永和湯包小籠。
駅から近いはずなのに見つからなくてウロウロ。
少しずつあたりが暗くなってきた。
小籠包が売り切れていませんように。

2018小籠包c

3日前、高雄空港で発生したチャイナエアの
パンク事故で着陸できなくなったピーチに
乗っていた女子旅の方と相席で食べる。
高雄から桃園に行き、そこでも降りられず関空まで引き返したのだとか。

日本人の方と台湾旅行中にお話ししたのは初めてでした。
どこに行きましたか?とかここは良いですよって話すのは楽しいものなんだな。
小籠包。9個で60元は充分に美味しかった。
双妃奶茶のプーアールのタピオカミルクを飲みながら目的地に急ぐ。
タピオカの表面がネロネロしていたのはデフォなのか作り置きが過ぎているからなのか飲みながら考えた。
考えたところでわからない。

2018メリーゴーランド

すっかり暗い中、棧貳庫KW2のメーリーゴーランドを見に行きました。
港のメリーゴーランドはこの上なくロマンチック。

あるはずの海が写真に全く映っていなかった。

2018マッサージ

ここまできて疲れが出た。
マッサージでもと思ったけれど
今いる塩埕埔駅付近に手頃なお店が見つからず
六合夜市に行くことにする。

1人30分、300元で上半身。
私担当の方は肩甲骨と背骨にこだわり
夫担当の方は首にこだわっていたらしい。
30分を過ぎてもマッサージは続き
身体をひねりポキッと言わせ終了。
背中がものすごく軽くなった。

2018揚げ物a 2018揚げものb

身体が軽くなるともっと歩けるような気がして
南華観光購物街の白糖粿10元を食べに行きました。
油がジュワッ。んー。
もう少しカラリとしていたらなあ。
すぐそばにもうひとつ白糖粿のお店が出ていたけど
美味しかったのかなあ。次に行く機会があれば食べたいです。

2018六合夜市a

2018六合夜市b

2018屋台豆花

六合夜市に戻り六合夜市老店麵
鹽水意麺40元と餛飩麺60元。
平打ちの縮れ麺は初めてでした。
そして花生豆花35元。

2018果物屋a

2018果物屋b

マッサージ効果でまだ歩けそうと
五塊厝駅、徒歩5分の24時間営業の果物屋さんに行ってみた。
並んでいるのはリンゴ、オレンジ、ブドウ、柿と
あえて食べてみたいものが無いので
スイカジュース25元を買ってみた。
果物屋の近くには美味しい朝ごはん屋晨光食堂
ふわふわカステラの武廟大川現烤蛋糕がある。
朝に行かなくちゃ駄目なんだな。

ホテル近くのセブンで茶葉蛋を買って1日目が終わりました。
茶葉蛋美味しい。

新しい眼鏡

2 Comments
ちーさん
楽しかった台湾旅行が終わって
一週間が経ちました。
印象的だったのは普快車で行く
枋寮から台東間で通り抜けたトンネル。
長いのもあれば短いのもありで数も多く
耳に障る轟音は想像以上でした。
時間が経つほどに旅行のあれやこれやの輪郭がぼやけていくのが寂しい。

新しい眼鏡を買いました。

眼鏡

手前がKAMUROのソフトなフォックスタイプのデイジーという眼鏡。
もうひとつはハズキルーペ。
緑はカエルの眼鏡ケースです。
ハズキルーペは便利だけど目が疲れるなあ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。